「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

読了。

空気=臨在感的把握(ある対象の背後に何かを感じる)+対象への一方的な感情移入による自己と対象との一体化+対象への冷静な分析の拒否。

空気を読むという行動原理は絶対化される対象が流動的に変わる日本人独特の文化なのかしら。
絶対的一神教では規範が出来上がっているのに対し、絶対化される対象が変わる度に規範も変わる。
それ故に現れる矛盾を隠し隠されるのもまた空気を読むという結果なのかもしれない。

現人神を信仰しながらも進化論を平然と理解する矛盾が指摘されていたが、
確かに福音派の様な考えを持つ人間からしたらあり得ない矛盾であるし、
よくよく考えてみたら正しいか正しく無いかはともかく理論としては無茶苦茶だと思う。

啓蒙主義な様で臨在感には敏感。
そんなに神様は信じてないけど初詣にも行くし、仏像を見たら手を合わせる。
それが日本人らしい日本人ではないかしら。


僕は空気読めないとよく言われますが、空気を読んだ上でその雰囲気をわざとぶち壊してやり、所謂水を差す=通常性への回帰を促して、その空虚に支配しているであろう対象の背後にある臨在するものを手に取ってマジマジと見つめてやろうといつも考えているわけなのです。

そして友達が誰も居なくなった。