此処数ヶ月位は精神解放の為に魔術めいたタロットによる瞑想や占いを実践しています。
やっている事は主に逆向き瞑想とパスワークと自分の調子を占う簡単なリーディング。

昔からオカルトの類が大好きなので家の本棚には魔術書関連やUMA、悪魔学等の怪しい本で溢れており、内容もとても面白く神秘的だし、実在して欲しいと思っているのだけれども、あくまで僕がやっているのは絶対的なドグマの上に恣意的に打ち樹てられた降神術の様な妄語の概要ではなく、実証的な観察と類推による帰納法とに基づく仮説的かつ合理的な一つの普遍的綜合とされる様な一種のアナロジーとして捉えた実践魔術をしたいと思っています。

オーラが云々だと信じなければ地獄の墜ちるとかキチガイじみた事等言いたく無いし、言ってしまえばカウンセリングに近い様な捉え方が一番しっくりくるやもしれません。

誰かに占ってと言われたら是非占ってみたいけれども、当たる自信はまだありません。
今日は私利私欲の為にタロットを使ってみたら競馬当たるかしらんと思い、
タロットで占って出た番号を控えて意気揚々と人生で初めて馬券を買いに行きましたが、擦りもしませんでした。



愛用しているカードの一部。絵画のデジタルコラージュによって作成されたタロット。



まんだらけで買った来たツンデレタロット。そのポテンシャル及び神秘性は計り知れない。