願わくは花の下にて春死なん


花見なんて一度もしたことがないけど、せめて通り抜ける位ならと造幣局の桜を見に。

桜自体にそこまで思い入れもないけど、桜にまつわる狂気の話は好きだ。

桜の木の下には屍体が埋まっており腐った屍体から養分を吸い上げて花は咲く、あの美しさは実は恐ろしい美しさだと言った考えや、
坂口安吾桜の森の満開の下で描かれる狂気は夜にこそ顕現する。