インナーサークル、宇宙人と邂逅する

宗教施設訪問団体インナーサークル。第3回目の活動は神戸にて開かれていたラエリアン主催によるUFO展を見学。





中を入ると家族連れや子供も多く割と盛況な印象を受ける。


展示自体は割とソース等も明記されており、写真もどっかから引っ張って来たというよりもちゃんとした画質で鮮明に写っているでの端から見たら本当にUFO好きな人のコレクション展示の様。



宗教画方面からのアプローチもある



主張が完全にムー


なるほど展示自体はオカルト好きにもアピールできる構成で、是非来場している子供達に夏休みの自由研究などの参考にしてもらいたい位であるけれども、よくよく見ると独特の主張をしているものも散見している。


なんの説明もなしにいきなり現れる弥勒菩薩ラエルと大使館



エロヒム=宇宙人説



宇宙人=エロヒム=アマテラスの証明



進化論=陰謀論であり、ここだけはボードを数枚使って徹底的に批判しています。



そして最後に至るのは楽園主義らしい。



楽園主義はアナーコパンク



展示と併設して映像も公開していたのでこちらもタイミングを見て鑑賞。
大体の内容としてはUFO映像→ピラミッドの謎→そしてラストに宇宙人エロヒムからのメッセージ


宇宙人エロヒム。なんか誰かに似てる気がする


そう思いながら見てたら某Black veilの悪魔先生にしか見えなくなってきた



展示を全て見終わった後はラエリアンの会員に詳しい話を聞いてみることに。


会員がみんな首から何かぶら下げてるので聞いてみると会員ショップみたいなところで買ったペンダントとの事。

六芒星と卍で無限大と無限小を表しているらしい。
どうしてもこのペンダントが欲しかったので購入方法を聞いてみると色々教えてもらったので後日調べてみると一番安いのでも40ドル位だった。


また進化論を否定されていた事についてある意味でキリスト教福音派の考えに近いところがあったり、聖書などの引用も多い事などや他宗教からの見解について質問してみるも、ちょっとよく分からないとの返答を頂き、宗教が好きなのではなく純粋にUFOみたいなのが好きで会員になった様な印象を受けました。

また「トランスミッション」というものを行なっており、エロヒムに細胞の設計図を伝送する重要なイベントについて参加を求められたので、こちらも大変興味深く色々と質問してみたけれども、「送信ですか?送受信ですか?」の問いには「送受信です」との回答で、「送信するだけでなく今まで何か受信した事はありますか?」の質問には全員「今の所特に何も感じたことない」と答えられたのでまだ現世の技術レベルでは上手いこと受信できないみたいで残念。


最後にインナーサークル恒例「何かくれ」のイニシエーションを執り行い、漫画とか宣材とか色々もらいました。ありがとうございます。

会員との記念撮影



会場を後にし、せっかくだからという理由でもらった宣材を使いながらクレープを食べることに。

クレープは科学的に創造された


その後もさらにせっかくだからという理由で近くのジャイナ教の寺院を見学




残念ながら行った時間が遅く中に入ることは叶わなかったのでここでも門前で記念撮影だけ。


これ持って記念撮影するとナチュラルにケンカ売ってるみたいになるけどインナーサークルはどこにも属さない永世中立思想です。


ここ以外にも珍しい寺院や教会が北野にはなかなか多くあるらしいのでここ周辺だけをまわる普通の観光みたいな事をしても良いのかなと思いました。



今回の視察で漫画やらパンフレットやら宣材やらを山盛りもらってきたので興味ある方はカルトニアまで来てくれれば現物支給しますのでよろしくお願いします。